スタッフが仕事内容・人間関係・職場のことなどをお話します!

  1. VOICE1
    IGLナーシングホームシャレー
    介護職
    吉川 翼
    2016年入職
    広島国際大学 卒業
    吉川 翼
    入居者の方に初めて名前で呼んで頂いた時は、すごく嬉しかった。

    介護の道を選んだ理由は?

     中学生の時、職業体験で障害者施設に行く機会があり、体験後に初めて「誰かを支えたい!」という気持ちが湧いてきました。その後、今度は介護施設に行ってみたいと考え、介護老人保健施設で職業体験をしたのですが、その時に「もっとこの仕事に携わってみたい!」という強い思いが芽生え、福祉系の大学を目指したのがきっかけです。

    IGLを選んだ理由は?

     はじめは介護経験が無いため不安がありましたが、職場見学会で、新人一人ひとりに先輩職員がマンツーマンで指導を行うOJT(エルダー制)を導入していると聞いて、安心して働くことができると思いIGLを選びました。わからないことや迷っていることがあれば、その都度先輩に相談することで、適切なアドバイスを頂けますし、業務が終わった後でもいろいろとサポートしてくださるので、安心して働くことができています。

    voice01-photo02.jpg

    この仕事のやりがいや楽しさは?

     やっぱり入居者の方が笑顔を見せてくれたときですね。心からの笑顔を引き出すのは難しいことですが、入居者の方の笑顔を毎日見ることができるよう頑張っています。入居者の方の笑顔を見たときは自分たちも思わず笑顔になりますし、「明日もこの笑顔のために頑張ろう!」という元気が湧いてきます。

    仕事を通して学んだことや思い出に残っていることは?

     一番嬉しかったのは、入居者の方から名前で呼ばれたときですね。「あなた」や「ちょっと」と呼ばれることも多いのですが、何度も接していく中で、入居者の方に初めて名前で呼んで頂いた時は、自分を認めてくださったような気がしてすごく嬉しかったです。
    苦しかったのは、ある入居者の方の入浴を介助している際に、顔を強く拭き過ぎて傷を負わせてしまったことです。その場では原因がわからなかったのですが、先輩職員にアドバイスを頂き、その方の肌が弱いという特徴を理解していなかったことが原因だったと気付き、深く反省しました。その後は、二度と同じ失敗を繰り返さないよう、入居者の方の特徴を十分把握した上でケアに取り組むよう心掛けています。

    仕事上で目標にしていることや課題は?

     環境に慣れてしまうと大切なことを見逃してしまうことがあります。入居者の方の皮膚の状態や内出血など、小さなサインを見逃してしまうと大きい事故につながると思うので、初心を忘れずにいつも気を引き締めて仕事をしたいと思っています。将来の目標は、社会福祉士の資格を取得して、同じ職場で活躍している先輩のように、誰からも信頼される相談員になりたいです。

    voice01-photo03.jpg

    これから同じ仕事を目指す方へのメッセージ

     介護の仕事は、人と人とのつながりや支え合いが大切であることを実感できる仕事だと思います。体力的にも精神的にもハードな仕事ではありますが、入居者の方からたくさん元気をもらえる仕事ですし、支えるということは本当にすごいことだと思います。一緒に支え合いながら入居者の方を笑顔にしましょう!
     ぜひ一度、お気軽にナーシングホームシャレーに来てみてください。お待ちしています!

  2. VOICE2
    第二ナーシングホームゆうゆう
    介護職
    竹中 陽子
    2008度入職
    IGL健康福祉専門学校
    [現IGL医療福祉専門学校]卒業
    竹中 陽子
    「ありがとう!」「またお願いね!」って言われるとどんなに疲れていてもおもわず元気が出ちゃうんです。

    介護の道を選んだ理由は?

     人と関わる仕事が好きなので、最初は保育士になりたいと思っていました。中学生の時に、老人施設を併設する病院で看護師として働いていた母親から「今後は介護が主流だよ。」という話を聞いたことがきっかけで介護に興味を持つようになり、より広く深く人と関わることができる介護の仕事をやってみたいと考えるようになりました。

    IGLを選んだ理由は?

     専門学校の実習でIGLの施設へ行った際、職員の方の指導がとても丁寧でわかりやすく、介護技術も早く身に付いて良かったと思ったからです。また、今働いている職場は私が子育て中であることを理解し、いつも細やかな配慮を頂いています。働きやすい環境で本当に感謝しています。

    voice02-photo02.jpg

    この仕事のやりがいや楽しさは?

     ご利用者の方に「ありがとう」「またお願いね」と言われると、どんなに疲れていても思わず元気が出ちゃいます。また、ご利用者の笑顔を見ると自分も楽しくなってきますし、笑顔が糧となって次も頑張ろう!って思います。
    私は、本当は人見知りなんですが、ご利用者の方と接するときは、できるだけ自分から積極的に心を開くよう心掛けています。なかなか心を開いてくださらなかった方が、じっくり関係を築いていく中でやっと心を開いてくださった時は本当に嬉しいです。

    仕事を通して学んだことや思い出に残っていることは?

     施設内の行事はいつも思い出に残ります。行事の準備は、とても大変でつらいこともたくさんあるのですが、全職員で真剣にアイデアを出し合いながら、ご利用者の方に楽しんで頂けるもの、盛り上がって頂けるものを企画し、最後までやり切った時はすごく達成感があります。

    仕事上で目標にしていることや課題は?

     この仕事に携わって9年目になりますが、先輩職員の方々から学ぶことが今でもたくさんあると感じています。一つの介助でも、どのようにすればご利用者の方にとってベストなのかということを毎日考えながら、聞きながら介助しています。特別養護老人ホーム、デイサービスと色々な現場で働かせて頂き、少しずつ成長しているとは思いますが、まだまだ吸収することがあります。毎日が学びの場です。

    voice02-photo03.jpg

    (お子様がいらっしゃる方へ)
    仕事と家庭を両立させるために考えていることは?

     2人の子どもがまだ小さいので毎日本当に大変です。仕事と家庭を両立できるかどうかは、やはり周囲のサポートによって大きく変わってくると思います。私の場合、ありがたいことに主人や両親、職場の方々といった多くのサポートがあり、また6時間の短時間勤務制度をうまく利用することで何とか頑張ることができています。1人だけではここまで頑張れなかったかもしれないので、周囲の方々の支えにはいつも感謝しています。

    これから同じ仕事を目指す方へのメッセージ

     介護は大変な仕事かもしれませんが、やりがいのある本当にいい仕事だと思っています。仕事を通じてスキルアップもできますし、介護技術だけではなく人との接し方などいろいろな事が学べますので、ぜひ頑張って頂きたいと思います。

  3. VOICE3
    IGLナーシングホームシャレー
    主任生活相談員
    松川 崇弘
    2007年入職
    IGL健康福祉専門学校
    [現IGL医療福祉専門学校]卒業
    松川 崇弘
    他の仕事と比較してもあまり意味がない。
    自分が選んだ仕事の中にやりがいを見出すことが成長に繋がるんです。

    介護の道を選んだ理由は?

     私は元々IGLのサムエル保育園で保育士として勤務していました。ある日、当時の園長が「子どもだけではなく、高齢者の方、お年寄りの方にも目を向けてみると考え方や物の見え方が変わってくるよ。」と言ってくださったんです。昔から人と接することは大好きでしたが、それまでそんなふうに考えたことがなかったので、園長の話はとても強く印象に残りました。その後、これからどんどん高齢化社会になっていく中で自分に何ができるだろうかと考える機会が増え、介護の道を志してみたいと思うようになりました。

    IGLを選んだ理由は?

     IGLの「子どもから高齢者の方までのトータルケア」という考え方に大変共感できたというのが最も大きな理由です。また、IGLには数多くの福祉施設があり、自分が活躍できる、輝ける場所があると思いました。

    voice03-photo02.jpg

    この仕事のやりがいや楽しさは?

     世の中には様々な仕事があります。中には給料が高そうな仕事や楽しそうに見える仕事もあるでしょう。でも、自分の仕事のやりがいを考える上で、私は他の仕事や職種と比較してもあまり意味がないと感じています。自分が今取り組んでいる仕事の中にやりがいを見い出すことが成長に繋がるんだと思います。介護の仕事はたくさんの方と日々一緒に過ごして、たくさんの方とお話をしていくうちに人の温かさに触れることができる素敵な仕事だと思っています。生活相談員は介護の現場から少し離れてしまう部分はありますが、ご利用者のご家族の方と一緒にご利用者のために今後どのようにしていくのかということを考えるのが今の自分のやりがいですね。

    仕事を通して学んだことや思い出に残っていることは?

     介護の現場では別れの場に立ち会うこともあります。関わってきた方が亡くなられるたびに、悲しい気持ちになりますし、もっとこの方に関わることができたのではないか、もっとこうすれば楽しんで頂けたのではないかと後悔することもあります。反面、ご家族の方から「最期までみてもらってありがとうございます。」と声をかけて頂くと、嬉しさもありますし、次はもっとこうしていこうと前向きに気持ちを切り替えることもできます。家族以外でこういった経験をする事はなかなかないことですし、介護の仕事だからこその経験だと思います。

    仕事上で目標にしていることや課題は?

     IGLで初めてのユニット型特別養護老人ホームで生活相談員として関わらせて頂いているので、「暮らしの継続」というユニットケアの理念を第一に考えています。施設に入ったから施設の生活というのではなく、施設にいながら自宅での生活が継続できるようにするにはどうすべきか、ということを毎日考えています。ご利用者の方にとって、ユニットが自宅だと思って頂けるような環境づくりを課題として取り組んでいます。また、介護の現場で経験してきたこと、学んできたことを若い世代にしっかり伝えていく事も経験を積んできた私の役目だと思いますので、今後は人材育成にも力を入れていきたいですね。

    voice03-photo03.jpg

    (お子様がいらっしゃる方へ)
    仕事と家庭を両立させるために考えていることは?

     以前は仕事中心の生活を送っていましたが、子どもが生まれてからは家庭も大事にしたいと考えるようになりました。今は、仕事と家庭のバランスを考え、事前にしっかり段取りすることで定時に帰れるよう工夫しています。妻も私と同じ仕事をしているので、家事は分担制ですね。料理は妻が作りますが、食べた後の片付けは私がやります。洗濯物を干したり、たたんだり、ゴミ出しも私の仕事ですね。うまくバランスが取れてるんじゃないかと思います。どうしても忙しいときは帰宅が遅くなることもありますが、そんな時は奥さんの話をしっかり聞いてあげますね。

    これから同じ仕事を目指す方へのメッセージ

     介護の仕事は楽しいことばかりではなく、つらいことの方が多いんですけど、今まで続けることができたのは、つらい中にも大きなやりがいがあったからだと思います。どんな仕事や職場でも似たようなことはあります。たとえつらいことがあっても、その中で見えてくるものや成長できることが必ずあると思うので、まずは1年間、辞めずに続けてもらいたいですね。介護の知識や技術は確かに大事ですが、福祉系の学校を出ていない方でも、現場できちんと指導を受けながら働いていれば、介護の知識や技術は自然と身についてきます。IGLには、採用後半年から1年間は新人職員一人ひとりに先輩職員がついて丁寧に指導するOJT制度があります。困ったとき、一人で溜め込まずに相談できる人が身近にいるかいないかでは職場でのストレスもかなり違ってきますよね。いつでも相談でき、安心して働ける環境だと思いますので、ぜひ一緒に頑張りましょう!

  4. VOICE4
    ベルローゼ
    作業療法士
    沖末 広野
    2011年入職
    国立呉病院附属リハビリテーション学院卒業
    沖末 広野
    苦しいときもうれしいときもしっかり寄り添う。
    「自分らしさをいかに引き出してさしあげることができるか」をいつも考えています。

    作業療法士の仕事を選んだ理由は?

     高校生の頃、肩を痛めた母のリハビリで、当時地元にあった国立呉病院附属リハビリテーション学院という専門学校の先生のところに一緒に相談に伺った際、作業療法士という仕事の存在を初めて知ったのがきっかけです。私は、周囲の友人の影響もあって若いころから自立心がとても強い方だったので、国家資格として一生涯の仕事にできる作業療法士に大きな魅力を感じ、この仕事に絶対に就きたいと考えるようになりました。

    IGLを選んだ理由は?

     最初にIGLへ就職したのは、以前勤務していた頃から知り合いだった先輩職員から声をかけて頂いたのがきっかけです。その後、育児に専念するため一旦退職したんですが、子供の手が離れ、復職を考えていた頃、同じ先輩職員から「正職員ではなくパートでもいいので少しずつ働いてみない?」と声をかけて頂きました。6年半のブランクがあったので、復職にあたってはすごく不安もありましたが、IGLは規模が大きく安定感がありましたし、先輩職員がいるという安心感もあったので、もう一度お世話になってみようと決心しました。ただ、いざ復職してみると、介護保険制度やリハビリが以前とは大きく変わっていることに愕然としました。3年目ぐらいまでは精神的にとてもつらかったですね。毎日のように、もうダメ、もうダメと思いながらも、何とかブランクを埋めようと踏ん張って、その後、ようやく自信を持って働けるようになりました。

    voice04-photo02.jpg

    この仕事のやりがいや楽しさは?

     私たちの仕事は、何らかの障害があるために落ち込んでいたり、つらい思いをされている方に、まずは寄り添うところから始まります。
     作業療法士って、仕事を通してその人に元気になってもらうというか、自分らしさを引き出す、今まで培ってきた生活に少しでも近づけるため、一緒に寄り添って考えていける、お手伝いできるところがやりがいだと思いますね。利用者の方が元気になり、できなかった事ができるようになってご家族と一緒に笑顔で喜べる、それがあるから続けられるんです。

    仕事を通して学んだことや思い出に残っていることは?

     リハビリ職は拒否されるところから始まります。「はい、今日からリハビリしましょう!」と言ってスムーズにいくことはまずありません。今まで当たり前に動いていた、話せていたのに突然それができなくなった...という大きな喪失体験から始まるわけですから。お前に何がわかるんだっていう気持ちですよね。でも、そこからです。利用者の方のつらさを想像し、気持ちを汲んで、本当に困っていること、苦しいことに心から寄り添い、じっくりと根気強く信頼関係を築いていくことが大切だと思っています。
     嬉しかった思い出は沢山ありますね。例えば、お料理が得意なのに認知症が進んでご家族に包丁を持たせてもらえないという状況だった利用者の方がいらっしゃったんですが、最初は野菜を切ることから練習し、リハビリを続けてこられた結果、大鍋で煮物を炊くことができるようになったんです。娘さんが「お母さんの味じゃわ。」って喜んでくれたのがとても印象的でしたね。
    また、畑仕事が大好きだった方が、強い障害を持つことになり、全然土にも触れないぐらいになっていたのですが、辛抱強くリハビリを続け、再び畑仕事ができるようになりました。ご自分で作物を収穫した時に見せて頂いたあの笑顔は今でも忘れられません。

    仕事上で目標にしていることや課題は?

     ここは介護老人保健施設なので、在宅復帰に向けて3ヶ月の間にご家族の方と一緒にご利用者本人に寄り添ってもらうことを積み重ねながら家に帰るための準備に力を入れています。今、自分の中で課題だと思っているのは、認知症の方がより良く在宅で暮らしていけるようマネジメントしていく力をつけることですね。在宅復帰は、医師や看護師、ケアの工夫を一緒にしてくれるケアスタッフ、利用者ご本人と向き合ってくださるご家族と一緒になって進めていくことが大切なんですが、私にはその力がまだまだ足りないなと痛感しています。1人で考えるのではなく、もっと周りの方々と一緒になって具体的により良い方向に進めていけるような力をつけていきたいと思っています。
     また、外部の研修会や地域系の会議には積極的に参加するよう心掛けています。目を外に向けることで、様々な人と関わることができますし、有益な情報も得られます。物事の見方や考え方に対する幅も広がりますね。

    voice04-photo03.jpg

    (お子様がいらっしゃる方へ)
    仕事と家庭を両立させるために考えていることは?

     家に帰ったら仕事のことは考えないようにしています。娘が2人いますが家事は無理をしません。一番力を入れているのは朝ごはんですかね。朝はしっかり食べて元気よく送り出した方が自分も安心できるので。仕事から帰ったら、娘たちに「今日はどうだった?」から始めます。とにかく話を聞くんです。「うん、ほんで?」「それから?」...って言いながらね。次々に出てきますよ。娘たちが親にいろんな話をしてくれるのは今のうちだと思いますので、しっかりコミュニケーションをとるように心掛けています。

    これから同じ仕事を目指す方へのメッセージ

     大変なこともありますが、決して一人ではありません。必ず周りの方々が助けてくれます。私のようにブランクがあっても、利用者の方や周りのスタッフと一緒に歩んでいくことができます。復職を考えている方や悩んでいる方は、臆せずにとにかく一歩前へ踏み出して頂きたいです。自分もこれまで周りの方々に助けて頂いたからこそ今があります。当時自分を助けてくれた方たちに恩返しはできませんが、これから同じような境遇の人と一緒に働く機会があれば、今度は絶対に自分が助けるという気持ちでいます。それでいいと思うんですよ。良い循環で繋がっていける、そんな職場にしたいですね。ぜひ一緒に頑張りましょう!

  5. VOICE5
    グループホームゆうゆう
    介護職
    河重 萌香
    2015年入職
    鈴峯女子短期大学 卒業
    河重 萌香
    「どうやって利用者様の笑顔を引き出すか」を常に心がけています。

    今の仕事やIGLを選んだ理由は?

     元々人と話すことが好きな性格なので、福祉関係の仕事には以前から興味があったんですが、短大を卒業した当初は、体力的に自信がなかったこともあり、他の仕事を選びました。その後、営業職やホテルのフロント等、人と接する業務経験を積んでいく中で、徐々にコミュニケーション力を磨くことができ、体力的な自信もついてきたので、ようやく念願だった介護職にチャレンジしてみようと決心しました。
     IGLは、特養やグループホーム、デイサービス、訪問介護等、様々な介護サービスを提供しているので、自分に合う職場がきっとあると思い入職しました。
     

    この仕事のやりがいや楽しさは?

     私は現在、グループホームに所属しています。意思疎通がはっきりした方が多いので、まずは利用者様の趣味、嗜好、性格等をしっかり理解し、個々に密度の濃いコミュニケーションをとっていけるよう工夫しています。上手く会話が弾むこともあれば、なかなか思うようにいかないこともあります。コミュニケーションの取り方をいろいろ創意工夫してみるのは楽しいですね。
     また、行事やレクリエーションの企画は、職員各自がいろいろアイデアを出しながら実行できるので、とてもやりがいがあります。利用者様にどうやったら喜んでもらえるかをあれこれ悩みながら企画を練り、実施した結果、実際に喜んでもらえた時は、本当に嬉しいです。
     

    仕事を通して学んだことや思い出に残っていることは?

     ここで学んだことは、やっぱり「笑顔がいちばん」ということですね。「どうやって利用者様の笑顔を引き出すか」を常に心掛けています。私はお笑いの番組が大好きなんですが、しっかり仕事にも取り入れています(笑)。感情の起伏が激しくなったり、不穏な状態になる等、難しい場面もありますが、しっかりと対応した結果、「あなたがいてくれてよかった」「ありがとう」という言葉をかけて頂くと、「あぁ、この仕事をしていて本当によかった!」って自然と嬉しい気持ちになりますね。
     

    仕事上で目標にしていることや課題は?

     レクリエーションを行う際は、利用者様全員で一緒に行うことが基本ですが、利用者様の介護度や趣味、嗜好がそれぞれ異なるため、「みんなでできる楽しいレクリエーション」を考えるのは、以外と難しいことなんです。これまで、いろいろやってみて失敗したこともありますが、たくさんの笑顔が見られるよう、今後もバリエーションを増やしていきたいと考えています。
     また、利用者様の生活レベルや状態は多種多様ですし、年数が経つ毎にかなり変化が出てくることもあります。もっと幅広く対応できるよう、法人内や外部での研修には積極的に参加し、新たな介護技術や知識も身に付けていきたいですね。そして、将来的には介護福祉士を取得できるよう頑張りたいです。
     

    これから同じ仕事を目指す方へのメッセージ

     介護の仕事は、人と人との繋がりの大切さを感じることができる仕事です。私が勤務するグループホームでは、何も起こらない日がないと言っていいぐらいいろんな出来事があります。もちろんストレスが溜まることもたくさんありますが、それ以上に学ぶことが多く、充実した日々を過ごしています。休日はしっかり取れるので、オンオフにメリハリをつけながら頑張ることができます。 相手の気持ちになって考え、行動するのは、言うよりも大変難しいことですが、「人と接することが好き」という方なら、きっとやりがいを持って仕事に取り組めると思いますよ。
  6. VOICE6
    ショートステイアルペンローゼ
    介護職
    池田 遼司
    2016年入職
    呉大学[現 広島文化学園大学]卒業
    池田 遼司
    利用者様への気付きを大切にしながら業務に取り組んでいます。

    今の仕事やIGLを選んだ理由は?

     元々人と関わることが好きだったんですが、高校生の時、学区内の清掃活動に参加し、地域の方と接する中で、若い人もお年寄りも一緒になって活動している姿を見て、福祉関係の仕事に就きたい!と考えるようになったのがきっかけですね。
    大学卒業後は、しばらく病院で看護補助の仕事に就いていたのですが、介護福祉士の資格を取得したの機に介護職の仕事を探しました。
     IGLは、職場を見学した際、まず何よりも職場の雰囲気がとても明るく、利用者様も職員も楽しそうに過ごしているのが印象的でした。また、新人1人ひとりに先輩職員がつき、マンツーマンで指導してもらえるエルダー制度を導入している点も安心できましたし、たくさんの施設を運営しているスケールの大きな法人なので、様々な人と触れ合うことで人間的にも成長できるし、自分の活躍の場が必ずあると思いました。
     

    この仕事のやりがいや楽しさは?

     実際に現場に入り、利用者の方と接していますが、笑顔を見せてくださったり、名前を呼んでくださると、とても嬉しい気持ちになりますね。利用者様との信頼関係ができてくると、「明日は出勤してくるの?」「何時までいてくれるの?」と言ってくださる方もあり、頼りにして頂けることが自分にとって大きなモチベーションになり、やりがいに繋がっていると感じます。職場は工夫や提案を尊重する環境で、皆のチームワークも良いのでとても働きやすいですね。
     また、IGLには「自分も将来はこうありたい」と思えるような素晴らしい先輩職員がたくさんいます。身近なところに目指す人がいるというのは、とても励みになりますし、良い刺激になります。
     

    仕事を通して学んだことや思い出に残っていることは?

     楽しいことも多いですが、楽しいだけではないということも日々学んでいます。仕事や環境に慣れてしまうと、利用者の方の出しているサインや思いを見逃してしまい、それが事故に繋がることもあります。常に初心を忘れず、気を引き締めて仕事に臨みたいですね。普段やっている介助や接し方が、利用者の方が求めていることなのかを日々考えながら取り組んでいけたらと思っています。毎日学びながら成長していくことが課題です。
     

    仕事上で目標にしていることや課題は?

     まず、しっかりコミュニケーションをとることを意識しています。また、何気ない会話やちょっとしたサインから、利用者様が思っていることや望んでいることを感じ取れるよう、気付きを大切にしながら業務に取り組むよう心掛けていますね。まだまだ学ぶことが多く、日々成長できているという実感があります。将来はケアマネージャーの資格にチャレンジしたいですね。
     

    これから同じ仕事を目指す方へのメッセージ

     介護という仕事は、やりがいのある仕事であると同時に、世の中にとって必要な仕事、人のためになる仕事だと考えています。介護の仕事を通じて、皆さんもきっと人間的に大きく成長できると思います。「誰かのために力になりたい」という強い熱意のある方にぜひ目指して頂きたいですね。
  7. VOICE7
    IGLナーシングホームシャレー
    介護職
    小西 良摩
    2016年度
    広島国際大学 卒業
    小西 良摩
    入居者の方の言葉にしっかり耳を傾けることが大切

    今の仕事やIGLを選んだ理由は?

     高校時代、進路を決める際に、自分にはどんな仕事が向いているかすごく悩んだのですが、「人の役に立てる仕事」、自分の長所である「優しさを活かせる仕事」が向いてるのではないかと思い、福祉系の学部に進学しました。その後、実習先で、人と関わり、支援しながら、日々生活を共にする中で、少しづつ関係性を築くことができたとき、大きな喜びとやりがいを感じ、福祉の道に進みたい!と強く思うようになりました。
     就職活動では、福祉系のどの領域に進もうかと迷っていましたが、事業内容が幅広く、施設の種類が豊富にあるというスケールの大きさに魅力を感じ、IGLを選びました。
     

    この仕事のやりがいや楽しさは?

     現在、ユニット型の特別養護老人ホーム内での介護を担当しています。入居者の方には十人十色の個性があります。その方が何を思い、何を伝えたいのか、またこちらからお伝えしたいことがしっかり伝わっているか…など毎日の関わりが勉強だと思っています。一人ひとりの思いをつかむことはとても難しいことですが、大きなやりがいを感じますね。
     

    仕事を通して学んだことや思い出に残っていることは?

     ある入居者の方から「小西さんにお願いしたい」と言って頂いた時は嬉しかったですね。普段から心掛けていることは「入居者の方の言葉にしっかり耳を傾けること」です。まずはしっかり聞くことからスタートして、そこから少しずつ関係性ができ、やがて入居者の方が頼りにしてくださるようになるまでの過程で学べることがたくさんあるんだなと感じました。
     

    仕事上で目標にしていることや課題は?

     自分はどちらかというと控え目な性格なので、介護技術や入居者の方とのコミュニケーションなど、いろんなことに自分からもっと積極的に「関わる」姿勢を持とうと意識しています。自分の長所は優しい性格だと自負してきましたが、先輩職員の仕事ぶりを見ていると、本当に様々なことに感心させられます。まだまだ自分に足りないなと思う点がたくさんあるので、とにかく今は貪欲に吸収していきたいですね。
     また、将来的には社会福祉士の資格を取得し、相談援助の業務に携わりたいと考えています。
     

    これから同じ仕事を目指す方へのメッセージ

     介護の仕事は、確かに身体的にも精神的にもきつい仕事ですが、同時に大きなやりがいと喜びを感じることができる仕事です。IGLには、困った時や悩んでいる時でも気軽に相談できる先輩がたくさんいますし、エルダー制度も整っているので、安心して仕事をスタートできる環境だと思います。ぜひ一緒に頑張りましょう。
  8. VOICE8
    IGLナーシングホームシャレー
    介護職
    細澤 麻希
    2016年入職
    福山平成大学 卒業
    細澤 麻希
    介護の仕事なら誰かのために本気で働くことができる

    今の仕事やIGLを選んだ理由は?

     学生時代、最初は公務員志望だったのですが、いろいろと進路について迷っていたときに、友人の「あなたは優しくて責任感が強いから、福祉系の仕事も向いていると思うよ。」という一言がきっかけで、介護職に興味を持ち始めました。元々、「社会に貢献したい」「誰かを支える仕事に就きたい」という気持ちは強かったので、いろいろ調べていくうちに、介護職はとても興味深く、魅力ある仕事だと考えるようになりました。 
     IGLは施設見学をして選びました。見学によって、それまで漠然としていた仕事内容や施設のイメージがより具体的になりましたし、エルダー制度を導入していると聞いたので、知識や経験のない私でも、安心して働くことができると思いました。
     

    この仕事のやりがいや楽しさは?

     どんな仕事でも基本的には誰かのために働いていると思いますが、中でも介護の仕事は、誰かのために本気で働くことができる仕事だと実感しています。入居者様やご家族の方からの「ありがとう」は本当に心に沁みますね。
     私は、学生時代から弓道やボクシングで体を鍛えてきたので、体力には自信があります(笑)。笑顔で「ありがとう」って言って頂けると、どんなに疲れていても頑張れる気がしますね。
     

    仕事を通して学んだことや思い出に残っていることは?

     苦しかったことや悔しかったことは数えきれないぐらいありますね。まだまだ知識や経験が浅いので、自分でも気付かないうちに迷惑をかけてしまったこともいっぱいあります。でも、その都度、先輩職員が根気よく丁寧に指導してくれたので本当に心強かったです。同じ失敗は二度繰り返さないということだけは、強く心掛けるようにしていますね。
     

    仕事上で目標にしていることや課題は?

     今はしっかりと介護技術を身につけることが最優先ですが、3年後には介護福祉士の資格を取得したいと思っています。また、将来的には、介護の仕事を軸にしながら徐々に仕事の幅を広げていきたいなと考えています。
     また、チームワークを大切にし、今以上にスタッフが信頼し合える職場になるよう努力していきたいですね。
     

    これから同じ仕事を目指す方へのメッセージ

     介護は決して楽な仕事とは言えないかもしれません。でも、他の仕事では得られないような貴重な体験ができる、魅力ある仕事です。
     ぜひ一緒に頑張りましょう!
  9. VOICE9
    IGLナーシングホームシャレー
    介護職
    高橋 佳那
    2016年入職
    広島市立大学 卒業
    高橋 佳那
    「介護」は何か特別なことではなく、とても自然で身近なこと

    今の仕事やIGLを選んだ理由は?

     大学時代、教員免許取得のため介護等体験で特別養護老人ホームに行く機会があったのですが、その体験がきっかけで介護職に興味を持つようになりました。その施設では、入居者様と折り紙や塗り絵などを一緒にやったのですが、とても喜んで頂けたことが心に響きました。私は、絵を描くことや工作のようなものづくりが昔から大好きだったので、「この仕事なら自分の得意なこと、好きなことが活かせる」って思ったんです。人が人と触れ合う、一緒に何かをする、会話を楽しむ…。介護というのは、何か特別なことのように考えていましたが、そうではなく、とても自然で身近なことなんだと思えるようになりました。
     とはいえ、介護の専門的な勉強はしていなかったので不安もありましたが、IGLではエルダー制度を導入しているので、先輩からマンツーマンでいろいろと指導してもらえると聞いて安心して選ぶことができました。
     

    この仕事のやりがいや楽しさは?

     入居者様の笑顔を見ると自分も嬉しくなりますし、もっと頑張ろうと思いますね。会話をしたり、体操や工作を一緒に楽しんだり…。とにかくいろいろやっています。どうしたらもっと喜んで頂けるか、他に一緒にできることはないだろうか…。日々考え、悩んだりしていますが、とてもやりがいを感じています。
     

    仕事を通して学んだことや思い出に残っていることは?

     先日、入職して初めて自分でリース作りを企画して、皆さんに喜んでもらえたんです。材料は、施設のそばにある山に行って、どんぐりや松ぼっくりを拾ったりしながら、全て自前で揃えました。入居者様が一生懸命作った作品は、とても愛着が湧くみたいで、ご自分のリビングに飾ってくださっていますよ。リース作りの後、ある入居者様に「来年も生きていられたらまたやりましょうね。」って言われたことがとても印象に残っています。自分は当たり前のように来年があると思っていましたが、入居者様にとってはそうではないのかもしれないということに気付かされた時、自分も、もっと季節や1日を大事にしながら生きていこうと考えるようになりました。
     

    仕事上で目標にしていることや課題は?

     まだまだ知識も経験も不足している感じることが多いので、日々勉強と思いながら頑張っています。まずは介護技術をしっかり向上させて、いずれは介護福祉士を取得したいと考えています。
     

    これから同じ仕事を目指す方へのメッセージ

     介護職には興味があるけれど専門の勉強はしていないし…という方でも、ぜひ一度ナーシングホームシャレ―へ見学に来て頂きたいです。先輩職員は、優しい人が多く、わからないことがあれば丁寧に何度でも教えてくれます。
     また、職員一人ひとりが得意なことを活かし、お互い助け合っていくという風土があるので、趣味や特技、あるいは人柄など、仕事に活かしていけることがきっとあるはずです。
     ぜひ一緒に働いてみませんか。
  10. VOICE10
    IGLナーシングホームシャレー
    介護職
    石橋 美穂
    2016年入職
    IGL医療福祉専門学校 卒業
    石橋 美穂
    母の言葉で介護の道を目指そうと決心しました。

    今の仕事やIGLを選んだ理由は?

     母親が介護職で、いつも口癖のように「介護は大変な仕事だけど、その分やりがいや人に幸せを感じてもらえることができる良い仕事」だと言っていましたので、高校の進路決定の際、母の言葉を思い出して介護福祉士を目指そうと決めました。
     IGLは、専門学校での実習先だったということ、配属を希望していた特養があることから選びました。実際に現場で働いてみると、これまで習ってきたことや実習とは違うこともあったりして、戸惑うことや悩むこともありますが、相談にのってもらえる心強い先輩職員がたくさんいるので、安心して働いています。
     

    この仕事のやりがいや楽しさは?

     入居者様やご家族様から「ありがとう」の言葉を頂くと、やっぱり嬉しいですね。先日、ご家族様が「おばあちゃん、ここに来てから以前よりも元気になったよ。」と笑顔で話してくださったんですが、この仕事を選んで本当に良かったなと感じました。
     

    仕事を通して学んだことや思い出に残っていることは?

     ある入居者様が「あなたに"大丈夫"って言ってもらえると、とっても安心できるのよ。ありがとう。」って言ってくださったんですが、それがとても心に残りました。
     介護現場では、入居者様の相談相手になることが多くあるんですが、業務が忙しくてつい後回しにしてしまうこともあります。中には、その時の対応によって気持ちが大きく左右される方もいらっしゃいますので、反省させられることも多いですね。いつも入居者様とのコミュニケーションを第一に考えることができるようもっと頑張りたいです。
     

    仕事上で目標にしていることや課題は?

     「その人に合った介助を行うこと」を目標に日々頑張っています。疾患や身体の特徴などは入居者様によって様々です。その方に合った介助を正しく行うことができるようになるためには、介護に関する知識を増やし、常に技術を磨いていく必要があります。
     IGLでは様々な研修や勉強会が実施されていますし、具体的で実践的な内容のものが多いので、とても勉強になっていますね。とにかく今は、入居者様にとって負担の少ない介助、その方に合った介助をしっかり身に付けることを最優先にして貪欲に学んでいきたいです。そして、いつかは身に付けたことをしっかり人に教え、継承していくことができるような職員になりたいですね。
     

    これから同じ仕事を目指す方へのメッセージ

     IGLには、研修や勉強会など、自己研鑽できる機会がたくさんありますし、エルダー制度によって、特定の先輩職員にしっかり指導を受けることができます。職場には幅広い世代の職員がいますが、遠慮なく相談できる環境なので、本当に助かっています。
     介護という仕事は、楽しいことばかりではありませんが、苦しみを乗り越え、何かを達成できた時に得られる喜びはとても大きなものです。ぜひ一緒に頑張ってみませんか。
  11. VOICE11
    グループホームゆうゆう
    介護職
    屋敷 浩利
    2014年度入職
    広島工業大学 卒業
    屋敷 浩利
    情報系のスキルを活かして、施設内のIT化にも貢献していきたい

    今の仕事やIGLを選んだ理由は?

     前職はIT関係の会社でシステム開発の仕事をしていましたが、激務が続き、体調を崩したのをきっかけに、新たな仕事を考え始めました。求職中に新聞で人材紹介会社が主催する就職支援プロジェクトの募集記事を見つけ、様々な業界の方のお話を伺う機会があったのですが、介護関係の話に最も感銘を受けたんです。元々、両親が介護関係の仕事に携わっていたことや、子供の頃は祖母と暮らしていたこともあったので、以前から介護というものが身近な存在だったのかもしれませんが、実際に介護現場で働く方のお話を伺って、介護という仕事に本気で取り組んでみたいと思うようになりました。
     IGLは支援プロジェクトの方から紹介して頂きました。施設見学の際、職員の方が明るく元気に働いている姿が印象的だったことや、利用者様との距離が近く、じっくり介護に取り組めるグループホームに配属してもらえることから、IGLを選びました。

    この仕事のやりがいや楽しさは?

     この仕事に就くまで、認知症という症状がどのようなものなのか、全くわかりませんでしたが、入職して間もない頃、上司から認知症に関する外部研修に参加する機会を与えて頂きました。おかげで初歩からきちんと知識や理解を深めることができましたね。また、日々の仕事を通じて新たな発見があったり、利用者様から気付かされることも多く、充実した日々を過ごしています。もちろん失敗や苦労もたくさんありますが、この仕事に非常にやりがいを感じています。

    仕事を通して学んだことや思い出に残っていることは?

     入職当初は、知識も経験も浅く、なかなか自分の思うような介護ができず、悩んだり焦ったりすることがありました。そんなとき、上司から「利用者様全員、あなたの恋人だと思って接してみなさい」というアドバイスをもらったんです。はじめはその言葉にとても戸惑いを感じましたが、ある時、利用者様一人ひとりの気持ちになって考え、深く観察することが大切なんだと気付かされました。それを常に意識しながら日々接していると、それぞれの利用者様に合った声掛けや対応が自然とできるようになり、利用者様との距離もグッと近付いていきました。
     最近、やっと自分の思うような介護ができるようになってきたかな…と実感しています。

    仕事上で目標にしていることや課題は?

     昨年は実務者研修を受講したのですが、今は介護福祉士の資格取得に向けて頑張っています。また、内部外部を問わず、機会があれば研修には積極的に参加するよう心掛けています。
     今後は、介護に関する知識をもっと増やし、自身を磨くことで、さらに質の高いサービスが提供できるスタッフになりたいと思っています。
     また、私は、情報系の学部出身なので、パソコンやネット関係は得意分野です。ご承知のとおり介護業界でもIT化がどんどん進んでいますので、今後は、もっと現場レベルでITを活用できるようなアイデアを出したり、施設内のIT化にも貢献していきたいですね。

    これから同じ仕事を目指す方へのメッセージ

     初めは、利用者様との関わりに戸惑いを感じることがたくさんあるかもしれませんが、「思いやり」の気持ちがあって、人が好きな方なら、誰でもチャレンジできる仕事です。そして、経験すればするほど奥が深い仕事です。「思いやり」の気持ちを大切にしながら、利用者様との絆をぜひ深めて欲しいですね。
     興味のある方、いつでも見学にお越しください。お待ちしています!